婚活ガイド

会社概要 サイトマップ プライバシーポリシー
婚活スタイル
婚活とは? 婚活スタイル 婚活必勝法

男性が結婚相手に選びたくない女性とは?


男性が結婚相手に選びたくない女性。

それはズバリ「自分のことしか考えていない女性」

つまり、自己中心的な人のことです。

育児はしたくない。

家事はしたくない。

朝、早く起きたくない。

贅沢がしたい。

夜でも遊びに出かけたい。

などなど・・・「付き合う」のと「結婚」は違うんですけどね・・・。

ただ、相手に理想を求める人は、自分にも求められるんだ

ということを忘れないようにしましょう!

自分はテキトーなくせに女性には厳しい、なんて男性(怒)

サイテーです。

逆に、お互いを高め合えるカップルもいます。

がんばりましょう!

ロマンチック男子


最近では草食系男子が人気のようですが・・・

▼草食系男子の恋愛学

http://d.hatena.ne.jp/kanjinai/20080531/1212235032

やはり男はロマンティックな生き物のようです。

ですので、男は女性に理解力を求めます。

年の差婚で女性がとても年上・・・なんてことも珍しくない昨今。

アラサー、アラフォーと大騒ぎする気持ちもわからなくはないですが。。。

そんなロマンチック男子の婚活は女性にとって良い面、悪い面があります。

たとえば

「この星を君に・・・」と言って夜空を二人で見上げた後に

ダイヤを渡す(某CM)なんて素敵な演出。

これは女性を喜ばせたいというよりは

「この演出やってる俺、かっこいい」と男性が思いたいという側面があります。

ここでやっかいなのが女性の反応。

「素敵!」と素直に言える女性ならいいですが、

「この手口、私で何人目だよ」なんて言ってしまう女性もしばしば。

そんな女性に対してロマンチック男子は怒りと悲しみを覚えます。

ロマンチック男子には母性本能100%の女性が良いでしょう。

婚活は、相手を見定める訓練でもあるんですから・・・。

理系男子


最近では理系男も脚光を浴びているようですね。

▼理系の人々

http://r25.jp/b/honshi/a/link_review_details/id/1122008110707

こちらはロマンチック男子とは一転、女性には慣れていない様子。

デートや会話のセンスなどには注意が必要です。

ただ、その反面社会に出てからは高給取りになる人が多い様子

婚活では最重要視される(おそらく)経済面はクリアーしてるわけです。

ですので、少しロマンチック男子のセンスを磨くのもありなのでは・・・?

そして、女性のことも研究(笑)してみるとよいでしょう。

ページのトップに戻る
flash 当サイトは、最新の FLASH plugin が必要なページがあります。こちらからダウンロードして下さい。